チナ温泉リゾート ロゴ ヤナギランの丘 
home リゾート案内 宿泊予約 アクティビティ 温泉施設 レストラン オーロラのこと リゾートフォト 交通アクセス
HOME > 温泉施設トップ > 成分表

温泉施設

Click for フェアバンクス, Alaska Forecast

温泉成分表 - Hot springs quality

露天岩風呂

<効能>

チナ温泉の特徴は硫酸塩、塩素、そして重炭酸塩ナトリウムで、女性特有の冷え性、リューマチ、成人病などに効能があります。また、温泉の効能プラス、アラスカの澄み切った空気と美しい自然環境により、日頃のストレスから解放される「リラクゼーション効果」もあります。

<チナ温泉水質成分表 (単位:PPM)>

成分/分析実施年度 1912 (A) 1917 (B) 1972 (C) 1992 (D)
二酸化ケイ素 (SiO2) 72.0 77.0 85.0 88.4
鉄 (Fe) - 1.2a - <MDL
アルミニウム (Al) .028 - -   
カルシウム (Ca) 2.9 2.3 1.3 2.75
マグネシウム (Mg) 0.2 1.2 0.13 <MDL
ナトリウム (Na) 107.0 97.0b 110.0 107
カリウム (K) 微量 - 3.3 -
炭酸塩 (Co3) - 0.0 - 28.0
重炭酸塩 (HCO3) 116.0 118.0 114.7 89.0
硫酸塩 (SO4) 89.0 78.0 68.0 56.1
塩素 (Cl) 35.0 26.0 28.9 -
硝酸塩 (NO3 微量
リチウム (Li)  微量  - 0.3 
フッ素 (F)  18.6 
ホウ酸 (NH3BO3aq) 7.4 
アンモニア (NH3aq)  - 2.7 

(A) サンプル収集:1912年 P. J. B. LeBlanc 分析:米国農務省科学局 J. B. Reed (Waring, 1917)
(B) サンプル収集:1917年8月5日 Robert Chamberlain 分析:R. b. Dole, Alfred A. Chambers (Waring, 1917)
(C) サンプル収集:1972年8月 I. Barnes 分析:米国地質学調査局水資源部門
(D) サンプル収集:1992年2月26日 F. W. Rose 分析:北方検査研究所 J. H. Johnson



お問い合わせ | サイトマップ | リンク | インターン
COPYLEFT コピーレフト 2010 チナ温泉リゾート