チナ温泉リゾート ロゴ ヤナギランの丘 
home リゾート案内 宿泊予約 アクティビティ 温泉施設 レストラン オーロラのこと リゾートフォト 交通アクセス
HOME > リゾート案内 > チナ温泉の歴史

リゾート案内

Click for フェアバンクス, Alaska Forecast

チナ温泉の歴史 - History of Chena Hot Springs 

チナ温泉の歴史写真1チナ温泉の歴史写真2チナ温泉の歴史写真3

<チナ温泉の発見>

チナ温泉の歴史写真4

フェアバンクスの北東96キロに位置するチナ温泉は、リューマチの痛みに悩む鉱山氏たちの湯治場として1905年頃からその名を広く知られるようになりました。金鉱探索者であったロバート・スワンとトーマス・スワンの兄弟は、噂話で「チナ川上流の谷から立ち昇る蒸気を合衆国地質調査局員が1904年に発見した、という話を耳にします。温泉の蒸気に間違いないとの結論でしたが、それ以上の調査は行われていませんでした。ロバート・スワンはリューマチからくる痛みを癒す場所を探していたので、スワン兄弟は早速ボートに生活必需品を積み込むと、温泉を求めて旅立ちました。フェアバンクスからチナ川をさかのぼること約1ヶ月半、ノースフォークにたどり着いたロバートとトーマスは、さらにボートをすすめてモニュメント川が流れ込む地点までやってきます。そしてこの川を少し上ったところで、求めていた温泉をついに発見するのです。1905年8月5日のことでした。
   

<交通手段の発展と温泉ブーム>

チナ温泉の歴史写真5当初フェアバンクスからチナ温泉への旅は天候や道の状態によって1週間から3週間もかかっていました。その悪路も1911年の補修工事後は犬ぞり旅行に最適で「自転車さえ通れる」状態になりました。この整備のおかげでチナ温泉までの旅は、実質20時間の道程と一気に短縮されました。チナ温泉にはこの年までに湯治客用の馬小屋と浴場、そして12戸の小キャビンが建てられました。(キャビンのレンタルは当時1ヶ月の利用で$20)
 

チナ温泉の歴史写真6翌年の1912年には快適な4頭引き2連馬車を使った「湯治乗合馬車」が10日に1本の定期運行を始めます。(定期便往復$50ドル)この温泉乗合馬車の定期便にてチナ温泉までの2日半の道中には、旅客目当ての宿(ロード・ハウス)が4軒建てられました。

チナ温泉の歴史写真7

当時フェアバンクスはゴールド・ラッシュで沸き、アラスカで一番大きな町として成長していましたが、それでも娯楽はまだまだ少なかったのです。現在の言葉で例えると、インフラと交通の整備が整ったチナ温泉は、フェアバンクスの住人にとってブームとなります。人々が湯治と憩いの場を求めて、どっと押し寄せてくるようになり「温泉ラッシュ」が始まります。
スワン兄弟は、すぐにお金になるゴールドは一生発見できず一攫千金にはなれませんでしたが、温泉を見つけ長い時間と努力、忍耐を重ね、自らこの温泉を切り開くことによって恩恵を得たパイオニアです。

<温泉水質調査>

チナ温泉の歴史写真8

チナ温泉の評判が広まると、アラスカの国会代議員ジェームズ・ウィッカーシャムは温泉の成分検査を農務省に依頼しました。科学局が1.7リットルの温泉水を分析した結果、当地の温泉は「これまでに検査した米国内のどの温泉とも違っている」と判明します。チナ温泉の特徴は硫酸塩と塩素と重炭酸塩ナトリウムで、ボヘミアのカールスバードにある名泉のひとつ、フェルセンケルと成分が非常によく似ていたのです。

<チナ温泉現在までのあゆみ>

* 最初のロッジは1905年に建てられましたが、残念ながら火事にて焼失してしまいました。

* 温泉施設前にある2つの可愛らしいキャビンは、宿泊客用に1905年以降に造られ、当時は12戸のキャビンが一
  列に並んでいました。

* 温泉施設は、最初はログ・ハウスで屋根はありませんでした。(現在の温泉施設は1993年に建造。)

* チナ温泉の滑走路は1920年代につくられ、アラスカ開拓史の中でも最も初期につくられた滑走路の一つ。現在
  でも自家用軽飛行機にて温泉に入りに来る地元の人がたくさんいます。

* フェアバンクスからチナ温泉への道路は1972年に開通し、以前は1〜3週間かかっていた温泉への旅も、現在は
  車で一時間ほどで来られる身近な温泉場となっています。


お問い合わせ | サイトマップ | リンク | インターン
COPYLEFT コピーレフト 2010 チナ温泉リゾート